田舎で儲かる仕事とは?田舎で働くメリットと儲かる仕事8選

田舎は海や山、川など自然豊かな環境であり、子供を育てるのに適していると考える方も多く、子育て世代で移住を検討する方も多いです。

そこで、田舎で働くことは可能なのか、移住して仕事をするメリットやおすすめの仕事を紹介します。

田舎に移住する人は増えている?

テレワークが普及したことによって、都心部から田舎に移住する方は増えています。

また、福祉や医療といった施設が充実していたり、生活にかかるお金を抑えられたりなどの理由から注目を集めています。さらに、田舎出身の方は都会での生活に疲れて移住したりUターンしたりするケースも珍しくありません。

調査のチカラ:2021年度 首都圏大企業管理職に対する「地方への就業意識調査」

田舎で仕事をするメリット

都心ではなく、田舎だからこそのメリットが沢山あります。主なメリットを3つ見ていきましょう。

 

固定費が安い

田舎で仕事をするメリットのひとつは、固定費が安いことです。

例えば、東京では毎月数十万円といった物件であっても、田舎であれば数万円で借りられます。駐車場代も同様で、固定費が都心の半分以下に抑えられるため経済的なメリットが大きいでしょう。

 

助成金が使える

田舎で起業する際には、「創業支援等事業者補助金」と呼ばれる助成金が支給されることがあります。

助成金は企業の際の初期投資をサポートするものであり、数百万から数千万など、事業規模に合わせて支給額が変動します。

関連サイト:「創業支援等事業者補助金」

集中して仕事ができる

田舎は、都心と比較してイベントや娯楽施設が少ないため、必然的に仕事に集中することになります。

さらに、自然豊かな場所は静かなことも、仕事に集中できる理由のひとつです。人が多い場所や騒がしい場所、娯楽施設が多い場所では仕事に集中できない方は、田舎で働いたほうが効率よく仕事ができるでしょう。

その他にも通勤が楽・生活費が安いなど様々なメリットがあります。

田舎で儲かる仕事の特徴

田舎で儲かる仕事は、地域に特化しており、競争相手が少ないものが挙げられます。また、田舎の特性を理解して仕事を決めることも大切です。

 

地域に特化した仕事

地域ごとに抱える課題があるため、課題を解決するためのサービスを仕事にすると儲かる可能性が高いです。

例えば、薬局やスーパーが少ない地域の場合は、移動スーパーや送迎業務を行うなどです。狭い地域であれば、住民が集まれる飲食店を作ってコミュニケーションを取れるようにするなど、地域の需要に応えられる仕事をするのが良いでしょう。

 

競争が少ない仕事

起業を目指す方や高収入を得たい方は、積極的に都心に出る傾向にあります。理由は、田舎は顧客が少なく大きな収益を得られないためです。

田舎は顧客が少ないですが競争相手も少ないため、個人で起業をすると成功できる可能性が高いでしょう。地域の課題に特化したビジネスなど、規模が小さくても稼げることがあります。

 

インターネットでできる仕事

田舎は交通の便が悪かったり人が少なかったりするため、インターネットを利用することが重要です。

田舎では顧客が少なく、十分に収益を得られないことがあるでしょう。インターネットでできる仕事は特定の地域ではなく全国や世界中から顧客を集められるため、十分な収入を得られる可能性が高いです。

 

田舎で儲かる仕事

田舎で儲かる仕事、田舎でもできる仕事は沢山あります。そこで、特におすすめの仕事を8種類紹介します。

 

ネットショップ

ネットショップは、都心でも田舎でもできる仕事です。田舎の特産物を販売するといった方法で、他のネットショップと差別化できることがメリットです。

地域の果物や野菜をネットショップで取り扱うことによって、地域の人たちとの交流もできるでしょう。

飲食店

田舎は土地代が安いため、飲食店を開業する場合でも初期費用を抑えられることがメリットです。

ただし、田舎は顧客が少ないためリピーターを作ることを重要視しましょう。地域の人たちが通ってくれれば、十分な売り上げが見込めます。

田舎でカフェを開きたいという方はこちらの記事も参考にしてください。
開業資金を抑えることができそうですし、地方ならではのカフェや飲食店を開くことができるのではないでしょうか。

 

IT系

IT系の仕事は、パソコンとインターネット環境を整えれば田舎でも働けることがメリットです。プログラマーやデザイナー、イラストレーターといった仕事などが挙げられます。

 

せどり

せどりは、電化製品や書籍ブランド物などを低価格で仕入れて、収益を上乗せして販売する仕事です。

スキルがなくてもできるこことや、月に数万円の利益であればすぐに得られることから人気を集めています。さらに、ポイントカードやクレジットカードで仕入れをすればポイントを貯められるため、ビジネスとしての収益以外にもメリットがある仕事です。

移動販売

移動販売は、車に日用品や食べ物を積んで地域を周り、買い物に行けない方が楽しんでもらう仕事です。

高齢化が進んでいる田舎では、スーパーに買い物に行けない方もいます。ネットスーパーや生協などで食材や日用品を購入することは可能ですが、商品を見て手に取り、物を買うという行為を楽しみたい方からの需要があるでしょう。

WEBコンサルタント

WEBコンサルタントは、依頼者のウェブサイトの運営や、売り上げを伸ばすための手伝いをする仕事です。新しいサイトの企画や開発、作成のほか、すでにあるサイトの分析や課題を見つけることなどが挙げられます。

また、課題を解決するためのマネジメント、採用活動など幅広い業務を行います。

 

WEBライター

WEBライターは、テレワークで仕事をすることが一般的です。記事を書く仕事はスマートフォンのアプリを使えばどこでも行えるため、会社員の方が仕事が終わった夜や休日に行うケースもあります。

パソコンのビデオ通話機能を使えば取材もできるため、田舎に住んでいても働くことが可能です。

webライターの仕事を始めるにはクラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトに登録することをおすすめします。案件数も業界最大ですのでまずはこちらで経験を積んでみてはいかがでしょうか?

Youtuber

YouTubeは、どのようなものでもコンテンツにできるため、都心ではなく田舎でも稼げる可能性があります。

例えば、キャンプ動画や田舎暮らしのノウハウ、野菜や果物育て方など、田舎ならではのコンテンツを作成するのが良いでしょう。

まとめ

都心で働くことにこだわらず、田舎に移住してのんびりと働くのもおすすめです。

また、田舎だからこそ稼げる仕事や、田舎で働くことのメリットもあります。都心でのビジネスにこだわらず、田舎での起業も検討しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)