給料ファクタリング会社ランキング!即日・土日も現金化可能なところを厳選

給料ファクタリング会社ランキング!即日・土日も現金化可能なところを厳選

個人向けの資金調達方法として話題の給料ファクタリング。

すぐに給料を現金化できると評判ですが、利用者による評判は賛否両論です。

そこで今回は、おすすめの給料ファクタリング会社のランキングをご紹介します。

即日現金化できるところや土日も現金化できる給料ファクタリング会社をご紹介するので、この記事を読めばいつ急にお金が必要になっても安心です。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ 即日現金化できる給料ファクタリング会社ランキングを見る 

≫ 土日も現金化できる給料ファクタリング会社ランキングを見る

もくじ

給料ファクタリングは給料日前に給料債権を買い取ってもらうサービス

まず、給料ファクタリングとは、給料日前に給料債権を買い取ってもらうサービスのこと。

締日を迎えて支給が確定された給料に対して利用できます。

給料日に給料をもらう権利を「給与債権」と呼び、給料日前に給与債権を給料ファクタリング会社に売って現金化する仕組みです。す。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングのメリット

まずは、給料ファクタリングのメリットをご紹介します。

後にデメリットについても紹介しているので、併せて参考にしてみましょう。

給与債権があれば誰でも利用可能

給与債権があれば誰でも利用できるのが、給料ファクタリングの大きなメリットです。

自身は働いていなくても、配偶者や家族に給与債権があれば、本人の了承のもとに給与債権を売却できます

信用情報に傷がつかない

給料ファクタリングは、信用情報に傷がつきません。

給料ファクタリングはキャッシングやローンではなく、自身の給料を売却するサービス。

つまり、借金ではないのが信用情報に傷がつかない理由です。

法人向けのファクタリング同様に、2社間給料ファクタリング(勤務先に通知しない方法)と3社間給料ファクタリング(勤務先に通知する方法)があります。

2社間給料ファクタリングを利用する以上は、勤務先に通知する必要がないため、勤務先にも知られません

平日午前中の申込なら基本的に即日現金化できる

給料ファクタリング会社の多くは、即日現金化に対応しています。

給料ファクタリング会社によって、当日中に入金できる期限は決まっていますが、少なくとも平日午前中の申込なら基本的に当日中に現金化可能です。

審査対象は勤務先なので、金融ブラックでも利用可能

先にも紹介しましたが、給料ファクタリングは借金ではありません。

そのため、給料債権さえあれば金融ブラックでも利用可能です。

給料ファクタリングのデメリット

給料ファクタリングのデメリット

続いて、給料ファクタリングのデメリットをご紹介します。

手数料が高い

給料ファクタリングは、手数料がかなり高いことで知られます。

貸金業ではないため金利は発生しないものの、給料ファクタリングの利用には手数料が必要です。

手数料が10%未満で済むことは、口コミからしてもほぼないといえるでしょう。

2社間給料ファクタリングにしか対応していないところがほとんど

手数料の高さの一因となっているのが、2社間給料ファクタリングにしか対応していないところが多いこと。

2社間給料ファクタリングは、勤務先に給料ファクタリングを知られない分、手数料が高くなります。

もちろん3社間給料ファクタリングには、勤務先に給料ファクタリングを知られるデメリットがあるものの、基本的に給料ファクタリングにおいて選択肢として3社間給料ファクタリングは存在しません

アルバイトなど比較的柔軟に退職できる人には、給料ファクタリングを知られて退職してもいいから手数料を下げたい人もいるでしょう。

そうした方には、2社間給料ファクタリングしかできない現状はデメリットといえます。

給料ファクタリング会社の大半は土日祝日が休業日

給料ファクタリング会社は、ほとんどが平日のみの営業です。

そのため、土日や祝日にお金が足りなくなった場合、給料ファクタリングを利用できない可能性は高いでしょう。

土日や祝日に営業している給料ファクタリング会社も、土日どちらかは休業日となっているため、土日に営業している給料ファクタリング会社を抑えなくてはいけません

この記事では、土曜日に営業している給料ファクタリング会社も、日曜日に営業している給料ファクタリング会社も網羅しています。

ぜひ最後まで読んで、土日に営業している給料ファクタリング会社を把握してください。

給料ファクタリングの選び方&注意点

給料ファクタリングの選び方&注意点

次に、給料ファクタリングの選び方と注意点をご紹介します。

選び方1:給料ファクタリング会社の企業情報は?

給料ファクタリング会社の企業情報は、必ず確認しましょう。

理由は、法人向けファクタリングに比べて法的にグレーな部分が多いからです。

なかには、反社会的勢力との繋がりを噂される給料ファクタリング会社もあるため、信用できる給料ファクタリング会社を選ばなくてはいけません。

できるだけ詳細な情報が開示されている給料ファクタリング会社を選びましょう

選び方2:給料ファクタリング会社の口コミ&評判は?

給料ファクタリング会社の口コミ&評判は、必ず調べましょう。

給料ファクタリング会社は大元の運営組織が同じグループ企業や系列企業が多く、「A社はB社の系列会社」といった情報が多く出回っています。

いい給料ファクタリング会社の系列を把握するのはもちろん、悪い給料ファクタリング会社の系列を避けるためにも、情報収集は手を抜けないでしょう。

注意点1:新規参入の給料ファクタリング会社は落ち着くまで混み合うので時間がかかりがち

法人向けファクタリング会社同様、個人向けの給料ファクタリングも近年多くの企業が新規参入しています。

新規参入したばかりの給料ファクタリング会社には、利用希望者の申し込みが殺到するため、開業直後は「時間がかかる」「対応が遅い」といった口コミばかり。

そのため、新規参入の給料ファクタリング会社を利用するのであれば、時間がかかるのを承知で利用するか、利用者の波が引くまで時間を置くなど、対策を取りましょう。

注意点2:一月に申し込めるのは一社だけ

給料ファクタリングを利用できるのは、一月に一社だけです。

理由は、ひとつの給料債権を複数企業に売買できないから。

副業をしている場合は別ですが、副業をしていないなら余計に利用する給料ファクタリング会社を慎重に吟味しなくてはいけません。

注意点3:「24時間受付」=「24時間審査可能」ではない

給料ファクタリング会社には、24時間受け付けていることをアピールしている企業があります。

しかし、24時間受付は24時間審査可能とイコールではありません。

24時間受付可能な場合、その多くの方法はメールです。

メールは電話と異なり、いつでもどこでも受信はできます

受信はできても、すぐに開封されるわけではなく、営業時間にスタッフが開封するまで未開封のままです。

「土日も受付可能」も同様で、メールを開封されるのは月曜日になるため、土日には現金を得られません。

そのため、土日に給料ファクタリングできるところを探しているのであれば、必ず「営業時間」を確認しましょう。

注意点4:絶対に飛ばさない

最後に一番大事なことですが、給料日には必ず売却した給料債権代を支払いましょう

これを支払わず、給料ファクタリング会社からの連絡をスルーするのを「飛ばす」といいます。

もし飛ばすと、給料ファクタリングした金額や手数料に加え、延滞料金が課せられるでしょう。

また、勤務先や家族に給料ファクタリングの事実を通知されたり、自宅に取り立てにこられたりします。

この辺りの対応は、給料ファクタリング会社によってさまざまです。

しかし、サービスのルールに則って返済すれば済む話。

法的にグレーではあるものの、利用者が困っているところに浸け込んで、法外な手数料を請求する給料ファクタリング会社もあります。

そのような給料ファクタリング会社は、取り立てなどの手段をとることも少なくありません。

お金だけでなく、家族や勤務先との関係を維持したければ、飛ばさずに返金するのはもちろん、飛ばさずに済む給料ファクタリング会社を選びましょう。

条件別!給料ファクタリング会社ランキング

ここからは、条件別に給料ファクタリング会社のランキングをご紹介します。

即日現金化可能な給料ファクタリング会社ランキング

最初に、即日現金化可能な給料ファクタリング9社のランキングをご紹介します。

第1位:Wallet Link

Wallet Link

「Wallet Link」(ウォレットリンク)は、LINEで審査できる手軽さに定評のある給料ファクタリング会社です。

運営会社は2016年設立の株式会社アクアバレーで、オンラインショップや商品企画などで女性の暮らしをサポートする事業を展開しています。

以下の書類のうちいずれかを追加で提出すると、審査に通過しやすくなります。

家族への影響などを考慮すれば、社員証か名刺が無難でしょう。

  • 給与明細
  • 公共料金領収書
  • 住民票(家族全員記載)
  • 社員証
  • 名刺

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

第2位:Get給(ゲッキュー)

Get給

第2位の「Get給(ゲッキュー)」は、第1位のWallet Linkと同じ株式会社アクアバレーが運営する給料ファクタリングサービスです。

LINEで申し込めるかどうかがWallet Linkとの違いで、Get給ではLINEからの給料ファクタリング申し込みはできません

しかし、審査結果を見てから契約を断れるのがGet給の大きなポイント。

他社では「審査に通る=契約」になるところも少なくないなか、審査結果を見たうえで判断できるのは顧客ファーストといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

第3位:ファクタルファクタル

第3位の「ファクタル」も新規参入組です。

運営元はリブノース合同会社で、2019年5月に法人登記されたばかり

後発組ながら、数ある給料ファクタリング会社では信用に足る企業として位置づけられています。

社会保険への加入が利用条件で、国民健康保険の加入者は利用対象外です。

≫ 公式HPを見てみる

第4位:千羽鶴

千羽鶴

第4位の「千羽鶴」は、対応が丁寧と評判の給料ファクタリングとなります。

スピードも早く、即日現金化を目指せることはもちろん、なんと最短で30分で契約ができるとのこと。

また必要書類については、身分証明書や保険証、直近2ヶ月分の給料明細の3点が基本的に必要となります。

しかしこれらが用意できない場合でも、別途対応してもらえるようなので、不安な方は一度相談だけでもしてみるといいでしょう。

他社の対応でイヤな思いをした方は、千羽鶴がおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

第5位:ENZO

ENZO

第5位の「ENZO」は、2019年11月18日にサービスが始まったばかりの給料ファクタリングです。

運営企業は株式会社BBSで、キャバクラなど夜の仕事の紹介を行っています。

そんな企業が始めたENZOが他の給料ファクタリング会社と一線を画すのは、顧問弁護士を置いていること。

顧問弁護士はネクサス経営法律事務所で、ENZOのホームページに記載されている代表弁護士の顔写真や経歴が確認できます。

顧問弁護士を置いていることの安心感はさることながら、給料ファクタリングとしての手数料の低さもENZOの大きな魅力でしょう。

業界最安値の8~25%で利用可能で、独自のAIスコアリング審査で手数料を決めます。

給料ファクタリングにおいて手数料の上限が定められているのは、非常に稀有な例といえるでしょう。

AIに審査を任せるので審査時間も最短15分と早く、いち早く給料ファクタリングしたい方におすすめです。

現在はサービスが始まったばかりで混雑していて、なおかつ利用者が少なく情報も少ないため、第5位としました。

≫ 公式HPを見てみる

第6位:ファインティングラボ

ファインティングラボ

第6位の「ファインティングラボ」は、主に法人・個人事業者向けにファクタリングを実施している会社です。

またファクタリングの取引可能額は50万円からとなっており、手数料は2~15%とかなり良心的。

さらに、以下のように明記されていることは、該当する事業者の方にとってかなり嬉しい魅力ではないでしょうか?

他社よりも1円でも高く買取いたします!

審査時間も最短30分と早いので、従業員の給料支払いに困っている事業者は、一度相談してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

第7位:JMマーケティング

JMマーケティング

第7位の「JMマーケティング」は、正社員でなくとも利用できる給料ファクタリングです。

また契約してしまえば、そこからわずか30分で入金がされるなど、スムーズさもうかがえます。

このスピード感については、口コミでも好評で、対応についても丁寧だと評判

ただし手数料については、少々高めといった印象なので、まずは相談してその結果で判断してみるといいでしょう。

手数料のおおよその目安は、20%~30%といったところです。

≫ 公式HPを見てみる

第8位:大吉

大吉

第8位の「大吉」は、「丁寧かつスピーディーに」をモットーにした給料ファクタリングです。

運営元は株式会社commitagencyで、設立は2019年6月21日。

コンサルティング業やホームページ制作、広告代理業などを手掛けている企業です。

サービス開始から半年ほどながらリピート率は92%と公式HPには記載されています。

また、多くの給料ファクタリング案件に携わってきたスタッフがいるとのこと。

ただし、口コミでは「返答が遅い」や「手数料が高い」といった内容のものも見受けられるため、事前リサーチは必須といえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

第9位:ビアペイ

ビアペイ

第9位の「ビアペイ」は、給料ファクタリングでは珍しい、スマホアプリも導入したサービスとなっています。

また公式HPには、最短1時間の即日入金ができるなど、スピード感もある様子。

実際の給料が振り込まれた際に、ファクタリング会社へ支払う期日も給料日から5日以内と余裕があります。

しかし返済におくれると、公式HPで情報が公開される旨の記載も利用規約上ではありますので、返済期日はしっかり守るようにしましょう。

4.利用者は、前項に基づく利用者から当社に対する支払金の引渡しを期限内に行われなかった場合に、当社が、利用者が当社に明らかにした個人情報を、当社ホームページにおいて公開することについて同意するものとします。また、その場合には、同支払金の引渡しに加え、支払金引渡義務の遅延損害金として、年14.6%の割合による金員を支払うものとします。

※引用元:2020年1月10日時点のビアペイ(利用規約)より

また専用アプリのレビューでは、使い勝手の悪さが目立っている印象です。

ビアペイの公式HP情報も少々薄めなので、まずはご自身で相談してから、利用の検討はしたほうがいいでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

即日現金化可能な給料ファクタリング会社ランキングの比較表

◎:必須、○:いずれか一点 種類 即日入金の期限 手数料 必要書類
顔写真付き身分証明書 社会保険証 直近2ヶ月分の給料明細※2 直近3ヶ月分の給料明細※2 給料が入金された通帳ページ※2
Wallet Link 2社間 15:00
Get 2社間
ファクタル 2社間 13:00 10%~
千羽鶴 2社間 10%~
ENZO 2社間 8~25%
ファインティングラボ 2/3社間 2~15% 請求書・通帳・決算書
JMマーケティング 2社間
大吉 2社間 10%~
ビアペイ 2社間

※1リピーターは20:00。
※2 オンライン通帳のスクリーンショットでも可。

土日でも即日現金化可能な給料ファクタリング会社ランキング

次に、土日でも即日現金化可能な給料ファクタリング3社のランキングをご紹介します。

第1位:七福神

七福神

第1位は「七福神」。

日曜日と祝日に営業している給料ファクタリングで、法人向けサービスも展開しています。

2018年設立で、コンサルティング業務や営業アウトソーシング事業などを手掛ける株式会社ZERUTAが運営しているサービスです。

運営会社の情報が非常に充実していて、従業員数まで明かしている給料ファクタリング会社は七福神だけ。

19:00(日曜日は18:00)と遅い時間の申込でも当日現金化されるのは、七福神のメリット。

さらに、祝日は日曜ではなく平日と同じ運営時間なのも大きなポイントです。

顧客満足度は97%と非常に高く、数少ない安心して利用できる給料ファクタリング会社と言えるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

第2位:D-ライン

D-ライン

第2位の「D-ライン」は、2015年設立のSONマネジメント株式会社が運営するサービス。

土日は営業していないものの、祝日に営業している給料ファクタリングです。

祝日も休業している給料ファクタリング会社がほとんどのため、こちらでご紹介します。

コーポレートサイトは見当たらず、看板などは出ていないものの住所は実在

オフィスは古い一軒家のようです。

第3位のキャッシュ代行給料お助けサービスほど怪しい情報はないものの、審査が厳しいとの定評があります。

そのため、給料ファクタリングを希望する方は注意しましょう。

≫ 公式HPを見てみる

第3位:キャッシュ代行給料お助けサービス

キャッシュ代行給料お助けサービス

「キャッシュ代行給料お助けサービス」は、給料ファクタリング会社で唯一土曜日の営業が確認できるサービスです。

しかし運営会社の合同会社CSSは、コーポレートサイトも確認できなければオフィスも確認できません

住所は東京駅直結の超がつく好立地で、バーチャルオフィスの貸し出しサービスを利用しています。

また、闇金並みの取り立てと噂される給料ファクタリング会社と、ホームページの作りが酷似。

お客様満足度93%でリピート率90%以上とされているものの、第3位としました。

≫ 公式HPを見てみる

土日でも即日現金化可能な給料ファクタリング会社ランキングの比較表

◎:必須、○:いずれか一点 キャッシュ代行

給料お助けサービス

D-ライン 七福神
種類 2社間 2社間 2社間
土日 土曜日 × ×
日曜日 × × ○※1
祝日 ×
即日入金の期限 19:00※2 19:00※2
手数料 10~35% 10%~
必要書類 顔写真付き身分証明書
社会保険証
直近3ヶ月分の給料明細※3
給料が入金された通帳ページ※3

※1:時短営業。
※2 :リピーターは20:00。
※3 :オンライン通帳のスクリーンショットでも可。

情報収集は徹底して給料ファクタリングは有効活用していこう

今回は、おすすめの給料ファクタリング会社のランキングをご紹介しました。

まだ安心して利用できる給料ファクタリング会社は多くなく、どの利用者も試行錯誤している状態です。

悪徳業者に騙されないためにも、給料ファクタリングを利用するときは情報収集を徹底し、安全に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)