審査が甘いファクタリング会社の特徴とは?審査に通るコツと各社を比較!

審査が甘いファクタリング会社の特徴とは?審査に通るコツと各社を比較!

資金調達方法として近年注目を集めるファクタリング。

他の資金調達手段に比べてファクタリングは審査が甘いことで知られていますが、審査に通らず困っている方もいるのではないんでしょうか。

そんなとき、審査が甘いファクタリング会社やその傾向を知っていれば、審査待ちでも不安にならず、本業に集中可能です。

そこで今回は、審査が甘いファクタリングの特徴や審査に通るコツをご紹介します。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「審査が甘いファクタリング会社」を見る

 

もくじ

審査が甘いファクタリングの7つの特徴

審査が甘いファクタリングの7つの特徴

まずは、審査が甘いファクタリングの7つの特徴をご紹介します。

1. 手数料が高い

特に手数料が高いファクタリングは、審査が甘い傾向にあります。

注目すべきは上限で、基本的に手数料は上限に近い数字が採用されるため、審査前は上限で見積もりましょう。

また、上限が設定されていない場合も、手数料は高めに見積もっておくのがベスト。

2. 審査書類が少ない

審査の甘さは、必要書類の量でも判断できます。

審査に必須の書類としてあげられるのは、成因資料と呼ばれるもの。

成因資料は売掛先との取引を証明する書類で、ファクタリングの審査では売掛金の存在証明になります。

具体的には、下記の書類などが成因資料です。

  • 請求書
  • 発注書
  • 納品書

注意点は、必要書類をホームページに記載していない会社の多さ。

そのため、問い合わせや申込みをしないと、必要書類を把握できないファクタリング会社もあるので注意しましょう。

3. 納税証明書や決算書が提出書類に含まれない

審査が甘いかどうかを判断するには、必要書類の量だけでなく内容も重要です。

必要書類に納税証明書や決算書がなければ、審査は緩いといえなくても、厳しくはないでしょう。

理由は、ファクタリングにおいて重視されるのは売掛先企業の信用であり、利用者の情報は本来あまり審査されないからです。

特に納税証明書が必要でなければ、税金の滞納があってもファクタリングできる可能性はあります

4. 3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、ファクタリングを売掛先企業に通知するファクタリング方法。

3社間ファクタリングは売掛先がファクタリング会社への支払いを直々に認めるため、2社間ファクタリングに比べて審査が甘くなります。

取引先との今後の関係を考えると簡単にはおすすめできませんが、手数料も少なくなるので一石二鳥です。

5. 継続取引の売掛債権でファクタリングする

売掛先企業や売掛債権の審査における重要なポイントとして、取引の継続性があります。

初めての取引先との売掛債権をファクタリングするのではなく、過去に取引の実績のある企業との売掛債権を持ち込むと、審査に通りやすくなるんです。

今までの取引も円滑で、今後も円滑に取引をするだろう

との予測をもとに審査するため、できれば継続取引の債権を売却しましょう。

6. 入金スピードがアピールポイント

ファクタリング会社には少なくない、即日入金

即日入金でなくても、入金スピードは審査の甘さに比例します。

理由は、単純に審査時間が短いので、適当な審査をしている可能性があるからです。

ただし、AIスコアリングなどのコンピューター審査の場合もあり、必ずしも「入金スピードが早い=審査が甘い」とはいえないので注意しましょう。

7.個人事業主が利用できる

最後に、個人事業主が利用できるかどうか。

個人事業主が利用できるファクタリング会社は、審査が甘い傾向にあります。

個人事業主は法人に比べて社会的責任が低く、売却額と手数料を支払わずに連絡も無視する「飛ばし」のリスクが高くなるからです。

審査が甘いファクタリング会社を探すなら、個人事業主が利用できるかどうかを確かめましょう。

審査が厳しいファクタリングの7つの特徴

審査が厳しいファクタリングの7つの特徴

続いて、審査が厳しいファクタリングの7つの特徴をご紹介します。

基本的には、「審査が甘いファクタリングの7つの特徴」の裏返しです。

1. 手数料が安い

上限が低金利のファクタリングは、審査が厳しい傾向にあります。

手数料の高さとファクタリング会社からの信用の高さは、反比例の関係です。

そのため、手数料が低いファクタリング会社は確実に支払いを見込める債権しか買い取りません

つまり、利用を考えているファクタリング会社の手数料が低ければ、審査は厳しい可能性があります。

2. 審査書類が多い

提出する審査書類が多いファクタリング会社は、審査が厳しい傾向にあります。

理由は、確認項目が多いから。

ファクタリング会社は不要な書類を要求しません。

そのため、審査書類が多ければ、売掛先企業についても自社についても色々なことをチェックされていると考えてください。

3. 納税証明書や決算書が提出書類に含まれる

審査が甘いかどうかを判断するには、必要書類の量だけでなく内容も重要です。

必要書類に納税証明書や決算書があれば、審査は厳しいといえるでしょう。

理由は、ファクタリングの審査で本来重視されないはずの利用者の情報を細かく審査されているからです。

特に納税証明書が必要なら、税金の滞納や未納があると、ファクタリングを拒否される可能性があるので注意しましょう。

4. 2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリングを売掛先企業に通知しないファクタリング方法。

2社間ファクタリングは利用者がファクタリング会社に料金を支払いますが、飛ばされるリスクを残すため、3社間ファクタリングに比べて審査が厳しくなります。

5. 新規取引の売掛債権でファクタリングする

売掛先企業や売掛債権の審査における重要なポイントとして、取引の継続性があります。

初めての取引先との売掛債権をファクタリングすると、審査が厳しくなるんです。

世の中には、残念ながら売掛債権を偽装してファクタリングを使用とする企業もいます。

新規取引の売掛債権を持ち込むことで、疑われてしまう可能性は否めません。

どうしても新規取引の売掛債権でファクタリングしなければいけない場合は、できるだけ社会的信用の高い企業の売掛債権を利用しましょう。

6. 入金までに時間がかかる

ファクタリング会社には、入金スピードを売りにしているところが少なくありません。

そのなかで時間をかけて審査をするファクタリング会社は、審査に厳しいといえるでしょう。

ただし、AIスコアリング審査などで細かくチェックする場合もあるので、必ずしも審査時間と審査の厳しさが比例するわけではありません。

7.個人事業主は利用できない

最後に、個人事業主が利用できるかどうか。

個人事業主が利用できないファクタリング会社は、審査が厳しい傾向にあります。

個人事業主は法人に比べて社会的責任が低いため、個人事業主の利用を避けたがるのが普通です。

しかし、個人事業主の顧客も増やさないと会社が回らないところは、個人事業主にも門戸を開くため、審査が甘くなります。

逆にいえば、個人事業主が利用できないファクタリング会社は個人事業主に門戸を開かなくても利益が出ているため、飛ばされるリスクを背負ってまで個人事業主にファクタリングさせる必要はありません

以上から、個人事業主が利用できないファクタリング会社は審査が厳しいといえるでしょう。

ファクタリング会社の審査難易度ランキング

ここからは、ファクタリング会社の審査難易度ランキングをご紹介します。

審査が厳しい順で、後半になるほど審査が甘くなりがちです。

1. ワダツミ

ワダツミ

最も審査が厳しいのは、「ワダツミ」。

日本のファクタリング会社では珍しく、3社間ファクタリング専門のファクタリング会社です。

手数料は上限が月3%と非常に低く、審査の厳しさが伺えます。

審査にも約3日かかりますが、利用可能額の上限である10億円を3日で調達できると考えれば、かなり早いです。

そのため、高額ファクタリングを検討している方におすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

2. ビジネクスト

おすすめビジネスローンビジネクスト

「ビジネクスト」は、アイフル株式会社の子会社と、ファクタリング会社としては大手のバックボーンがあります。

上限1億円、手数料月2%と非常に安いのがポイント。

即日現金化はできず審査も厳しいですが、大手企業など信用の高い売掛債権をファクタリングしたい方におすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

3. 三共サービス

三共サービス

「三共サービス」は、3社間ファクタリングなら1.5%、2社間ファクタリングなら5%からファクタリングできるお手軽さが人気。

審査は厳しいものの、三共サービスのコンサルティングを併用して資金繰りを改善する利用者も少なくありません。

2~3年前に開業したばかりの新参ファクタリング会社が珍しくないなか、2001年開業と
ファクタリング会社としてはかなり老舗の部類に入ります。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

 

4. OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)

「OLTA(オルタ)」はすべての手続きがオンライン上で完結するクラウドファクタリングサービスです。

即日入金が可能なうえに手数料は上限9%と安く、個人事業主も利用可能

大手金融機関の後ろ盾を持つサービスで、安心して利用できます。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

5. アルシエ

アルシエ

「アルシエ」はOLTAと対照的に、対面でのやりとりを重視するファクタリング会社です。

買取額は50万~1億円と幅広く、企業規模にかかわらず利用できます。

関西地方の特定の府県であれば、スタッフによる訪問買取も可能なので、関東まで足を運ぶ必要はありません。

≫ 公式HPを見てみる

6. MI Vision

MI Vision

「MI Vision」は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを選べるファクタリング会社です。

ファクタリング会社としては珍しく「プライバシーマーク」を取得していて、個人情報の取り扱いには長けています。

貴重な売掛債権を売買する相手として、MI Visionは相応しいといえるでしょう。

MI Visionには、中小企業診断士や社労士など、さまざまなスペシャリストが在籍しているため、その後の資金繰りに向けたアドバイスも受けられます。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

7. ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント

「ジャパンマネジメント」は、リピート率93%のファクタリング会社です。

即日審査可能で、最高5,000万円を資金調達できます。

独自の方法で審査するため、審査の厳しさについては何ともいえません。

しかし、手数料の上限が明記されていることからも、極端に高い手数料がかかることはないでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

8. Best Factor

ベストファクター

ファクタリング会社で常に人気ランキング上位につけるのが「Best Factor」。

30万~1億円の幅広い金額でファクタリングに対応し、手数料も上限20%とそこそこです。

手数料が業界最安水準かと聞かれたら違うと思いますが、即日入金や審査の柔軟性を考慮すれば十分許容範囲でしょう。

リピーターも多く、審査難易度と利便性のバランスが取れたファクタリング会社です。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

9. 誠和キャピタル

誠和キャピタル

他社で断られた売掛債権を買い取ってくれたり、赤字決済や税金滞納、設立直後の企業でもファクタリングできたりと、審査ハードルの低さで知られる「誠和キャピタル」。

即日現金化可能で、場合によっては債権譲渡登記なしでファクタリングできます。

そのため、債権譲渡登記をしたくない方は誠和キャピタルの利用がおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

10. アンカーガーディアン

アンカーガーディアン

「アンカーガーディアン」は、審査に問題がなければ100%現金化できるファクタリング会社です。

即日現金化はもちろん、柔軟な対応が特徴

債務超過の法人や個人事業主でも利用可能です。

福岡県と関西しか対応していないのが、唯一のデメリット。

対応地域に拠点がある方にはオススメのファクタリング会社といえます。

≫ 公式HPを見てみる

11. TRY(トライ)

TRY(トライ)

「TRY(トライ)」は、午前中に相談すれば即日入金可能なスピード感が人気のファクタリング会社です。

審査はそこまで厳しくないものの、手数料が5%からなのも魅力的。

2018年創業の後発組ながら、ファクタリング経験豊富なスタッフが揃っているので、安心して利用できるのもポイントです。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

12. メンターキャピタル

メンターキャピタル

「メンターキャピタル」は、顧客の経営状況に応じて柔軟な対応をしてくれるファクタリング会社。

24時間365日いつでも利用可能なので、地方在住の方にも人気を博しています。

新規事業の開業資金調達を目的としたファクタリングにも利用可能でき、利便性は高いです。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

13.七福神

七福神

「七福神」では、個人向けのファクタリングも実施しており、その評判も上々のファクタリング会社です。

即日現金化にも対応しており、幅広い業種の取引も受け入れているため、そのノウハウも十分。

最小買取額は30万円からとなっており、小規模事業者でも利用しやすいのが七福神の特徴です。

さらに、資金繰りトラブルの改善に向けた相談にも応じているようなので、現状悩みがある方は一度相談してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

14 ウィット

ウィット

500万円以下の小口ファクタリングを専門に扱うのが「ウィット」。

銀行融資だと500万円以下は断られてしまうことも少なくないなか、比較的取り扱い債権が少額な中小企業や個人事業主に人気です。

書類提出から最短2時間で現金化できるのもウィットのメリットで、電話やメールだけで審査から契約まで完結します。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

15. アクセルファクター

アクセルファクター

「アクセルファクター」は、小規模企業や個人事業主をターゲットに設定しているため、他社に比べて審査は甘め。

上限300万円と、ウィット以上に小口専門です。

他社では「最短即日」という言い方をしますが、アクセルファクターでは「原則即日」の現金化に対応しています。

審査通過率は93%と非常に高く、即日現金化可能とあって人気のファクタリング会社です。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

16. ビートレーディング

おすすめファクタリングビートレーディング

最も審査に甘いとされているのが、「ビートレーディング」です。

審査通過率は、驚異の98%

買取額は30万円~3億円までと幅広く、資金繰り改善から設備投資まで幅広く対応可能です。

ファクタリング経験は15,000社以上と、実績も問題ありません。

手数料の上限が明記されていて計算もしやすいので、迷ったときはビートレーディングがおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

ファクタリング会社の審査難易度の比較表

  債権額 2社間 3社間 早さ 個人事業主
下限 上限 可否 手数料 可否 手数料
ワダツミ 5万円 10億円 × 1~3% 3日 ×
ビジネクスト 1億円 ~2% × ×
三共サービス 50万円 3,000万円 5%~ 1.5%~ 翌日 ×
OLTA 2~9% × % 即日
アルシエ 50万円 1億円 2.5%~ 1.5%~ 即日 ×
MI Vision 130万円 7,000万円 即日 ×
ジャパンマネジメント 30万円 5,000万円 10~30% 3~10% 即日
Best Factor 30万円 1億円 5%~ × 即日
誠和キャピタル 30万円 5,000万円 即日
アンカーガーディアン 30万円 5,000万円 10%~ 3%~ 即日
TRY 100万円 5,000万円 5%~ 5%~ 即日
メンターキャピタル 30万円 1億円 5~20% × 即日
七福神 30万円 1億円 即日
ウィット 30万円 500万円 × 即日
アクセルファクター 300万円 2%~ × 即日
ビートレーディング 30万円 3億円 10~20% 5~9% 即日

ファクタリングの審査に通過するためのコツ3つ

ファクタリングの審査に通過するためのコツ3つ

最後に、ファクタリングの審査に通過するためのコツを3つご紹介します。

ファクタリングの審査で大きなポイントになるのは、債権が実在するかどうかと、売掛先企業の信用です。

そのため、ビジネスローンに比べるとファクタリング利用者側で審査に受かるためにできることは、残念ながら多くありません。

しかし、以下の3つを徹底すれば、少しは審査に通過しやすくなるでしょう。

1. 同時に複数のファクタリング会社に申し込まない

ファクタリングを利用するとき、同時に複数のファクタリング会社に申し込めません。

同じ債権を複数のファクタリング会社に売却するのは不可能

理由は単純で、同じ債権を複数のファクタリング会社に売却できないからです。

もし複数に申し込んで、あとからいくつか辞退するのも不可能ではないものの、今後ファクタリング会社を乗り換える場合は利用しにくくなります。

そのため、ひとつの債権につき申し込むファクタリング会社は1社に留めましょう。

2. 審査書類をすぐ提出できるようにする

ファクタリング会社によって、必要な書類は異なります。

ほとんどのファクタリング会社は、ホームページに必要書類を明記しているので、申込時点で審査書類を提出できる状態にしましょう。

計画性のアピールができて審査スピードも上がって一石二鳥

すぐに書類を提出すれば、それだけ審査が終わるのが早くなり、早く現金を手にできます。

また、迅速に書類を提出すれば、計画性をアピール可能です。

3. 事業主(代表者)個人の資金繰りもクリーンにする

ファクタリング会社によっては、代表取締役個人の資金繰りもチェックされます。

代表取締役個人の資金繰りが確認されるのは非常にレアケースですが、念には念を入れましょう。

大事なのは売掛先企業の信用とはいえ、自身の資金繰りも審査に響くと考えるべし

ファクタリングの審査で一番大事なのは、売掛先企業の信用です。

しかし、特に個人事業主なら、個人の金銭感覚がビジネスの金銭感覚に直結すると判断される可能性は否めません。

少なくとも住宅ローンなどを除く借金は清算してから、ファクタリングした方がいいでしょう。

審査が甘いファクタリング会社には悪徳業者も潜んでいる

審査が甘いファクタリング会社には悪徳業者も潜んでいる

ここまでで審査が甘いファクタリング会社について解説してきましたが、審査が甘いことを必要以上に謳っているファクタリング会社には注意した方が良いかもしれません。

ファクタリング業界には、残念ながら悪徳業者も少なからず存在しているもの。

そういった悪徳業者に引っかかってしまうと、後に大きなトラブルになることすらあります。

ここでは、そんな悪徳なファクタリング業者の特徴について紹介していきますので、ご自身でファクタリング業者を探す際には、ぜひご利用前に一読ください。

ファクタリングを装ったヤミ金に注意

ファクタリング会社の中には、実は中身を空けてみたらヤミ金だったという例も少なからずあります。

実際に過去には、ファクタリング会社が摘発された事例もありました。

この場合では、本来売買契約であるはずのファクタリングにおいて、売掛債権を担保に資金を無許可で貸し付けていた事例となります。

もちろん、その際の手数料もかなりの高額だったそう。

以下は、当時の産経新聞からの抜粋ですので、気になる方は目を通してみましょう。

「ファクタリング」をうたった業者からの電話勧誘に応じてしまっていた。

正規の業者なら企業の債権を買い取って代金を回収するが、この業者は取引先への未収金(売掛債権)100万円を担保に30万円を同社に貸し付けた。同社は利息を含め40万円を返済したが、追加で借りた約77万円のうち約53万円が返せず、返済を迫られていた。

融資とすれば法定金利の10倍以上で、明らかに違法な高金利のため、前田司法書士は「無登録の貸金業に当たり、出資法に違反する高金利だ」と判断。

府警幹部は「金が用意できなければ利息分だけを払わせ、元金返済を先延ばしにする『ジャンプ』と呼ばれる手口を使うなど、ヤミ金そのもの」と指摘する。

※引用元:産経WEST

このように、貸金業にあたらないファクタリングを装うことで、高額な手数料を搾取する手口が後を絶たないのです。

これら事例に近しい口コミがないか、事前にしっかりとリサーチをすることが大切です。

異常に安い手数料には裏があることも

一般的に、2社間取引でのファクタリングの手数料は、10~30%の場合がほとんどです。

しかし、中には5%ほどの手数料を提示するファクタリング会社が存在します。

このように異常に安い手数料で、カモのなる人を探すのです。

一般的な作業コストなどから考えれば、5%ほどで2社間取引を行うことはできないので、こんなファクタリング会社を見つけたら注意が必要です。

あなたを誘う甘い罠かもしれません。

支払い遅れは「激しい取り立て」も

もし悪徳業者だった場合、はじめは紳士的な対応をするのですが、少しでも支払いに送れると激しい脅しのような態度へと変貌することもしばしば。

たとえば、2社間取引で契約をしていたとしても、取引先にファクタリングを利用したことを通知すると脅してきたり、その他関係する取引先や家族にまで執拗な連絡をするなど、精神的に追い込まれることさえあるようです。

他にも、契約時に保証人をたてた場合、保証人にも容赦ない支払いの取り立てが行われます。

信用のできるファクタリング会社であれば、保証人を立てる必要はないので、もしも契約時に保証人を立てなければいけない場合は、詐欺会社の可能性が高いため利用するのは避けた方が良いかもしれません。

しっかり準備してファクタリングで資金調達を実施しよう

今回は、審査が甘いファクタリング会社の特徴や審査に通るコツをご紹介しました。

ファクタリング会社の審査方法や審査難易度はさまざまで、なかには審査が甘くても安心して利用できる場合もあります。

自社にあった審査難易度のファクタリング会社を利用し、最短ルートで資金調達しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)